北海道内で1818校が休校 地震の死者12人、不明22人

震度7を観測した6日の北海道地震の発生から一夜明けた7日、道内の学校は前日に続いて臨時休校が相次ぎ、文科省の7日午後2時現在の集計によると、計1818校に上った。北海道庁によると、地震の死者は12人、心肺停止者5人、安否不明者22人(同日午後4時現在)となった。

週明けの10日も、通学の安全確保や給食の提供が難しいことなどから、臨時休校に追い込まれる学校が出る見込み。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。