10年後にやっといじめ認定 千葉・館山の中2男子自殺

千葉県館山市で2008年9月に起きた市立中学2年生の男子生徒の自殺を巡り、市の第三者委員会は9月10日、いじめがあったと認める一方、焦点となっていた自殺といじめの因果関係については「解明に至らなかった」とする報告書をまとめた。この日は男子生徒が亡くなってから10年の命日だった。

報告書によると、男子生徒に対するいじめは、①母親が外国人であることからからかわれた②野球部の練習試合帰り、バスの中で制汗スプレーを吹きかけられた③部活動用のバッグに対する汚損行為があった④通学用の自転車のタイヤがたびたびパンクしていた――などの形で行われ、男子生徒の心を深く傷付けた可能性が高いとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。