いじめ認め、学校側を批判 新潟の高1自殺、第三者委

新潟県立高校1年の男子生徒(当時15歳)が2016年11月に列車にはねられ亡くなった自殺について、県教委の第三者委員会は9月11日、いじめがあったと認定する調査報告書を池田幸博教育長に提出した。報告書は、組織的な対応をしなければならないという意識が学校側になかったと厳しく指摘した。池田教育長は「大変重く受け止めている。学校が子供の命を守れなかったことについて責任を痛感している」と述べた。

県教委によると、16年9月以降、一部の生徒が男子生徒を不愉快なあだ名で呼んだり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で男子生徒を中傷する合成画像を投稿したりした。男子生徒は10~11月、3回にわたって担任に被害の相談をした。特に3回目の相談をした2日後、男子生徒はインターネットで自殺の方法を検索。自殺後に自宅で見つかった遺書に「同級生にいじめを受け、担任の教師に相談しても解決しなかった」と記されていた。

報告書は、▽情報が一部の教諭にとどまっていた▽保護者に報告せず、関係生徒からの聞き取りも適切でなかった――と指摘する一方、「孤立感を救ってほしいという担任への期待が結果として裏切られ、絶望感が強まったことが自殺の決意に最も影響を与えた」と結論付けた。