虐待の相談支援強化へ 厚労省WGが初会合

厚労省は9月12日、児童相談所や自治体による相談支援体制の強化の方向性について検討するワーキンググループ(WG)の初会合を開いた。児相の業務や要保護児童の通告の在り方について具体策を議論し、年内に報告書をとりまとめる。

児童虐待の相談対応件数は年々増加し、2017年度速報値では、13万3778件に上っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。