性教育で避妊や中絶教える 都内公立中の1割

東京都内の公立中学校の1割で、避妊法や人工妊娠中絶など、学習指導要領に示されていない内容を含む性教育の授業を実施していることが9月13日、都教委の調査で分かった。同日開かれた都教委の第14回定例会で報告された。学校からは性教育の授業に医師ら外部講師の派遣を求める声も多く上がった。

調査は義務教育学校や中等教育学校を含む都内の全公立中学校624校の校長を対象に、8月に質問紙を配布した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。