文科省が公募型事業を調査 51件中34件で改善を指摘

文科省の汚職事件を検証する省内の調査チームが9月13日、第2回会合を開いた。私立大学研究ブランディング事業をはじめとする同省の公募型事業の選定プロセスの調査の進捗(しんちょく)や課題を検討した。同日までに調査した51件の事業のうち、各事業担当者や検証チームが改善を提案したり、問題点を指摘したりした事業は34件に上った。

今回調査したのは2018年度の公募型事業約640件のうち、9月中に採択予定の51件。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。