新放課後子供プランを通知 受け皿30万人分整備へ

厚労・文科両省は9月14日、「新・放課後子ども総合プラン」を策定し、各都道府県知事などに通知した。新プランは、2021年度末までの待機児童ゼロを目指し、小学校の施設を活用して厚労省所管の放課後児童クラブ(学童保育)と文科省所管の放課後子供教室の一体的な運営を推進。23年度末までに30万人分の受け皿を整備する。

今年度までの現行プランでは、放課後児童クラブの数は増加しているものの、女性就業率の上昇による共働き世帯の増加が見込まれ、放課後の待機児童や子供の小学校入学で母親の就業継続が難しくなる「小1の壁」の解消が課題となっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。