小学5割、中学3割が指導 全国学力調査の事前対策 

全国学力・学習状況調査の対策に、公立の小学校の5割、中学校の3割が事前に特別な指導をしていたことが、全日本教職員組合(全教)が9月13日に発表した実態調査で分かった。担当者は「平均正答率に振り回され、各学校で事前対策が過熱している。公平に学力を分析しているとは言えない」と全国学力調査の中止を求めた。

調査は4~6月に実施し、21都道府県、9政令市、228市区町村の公立校626校(小学校381校、中学校228校、その他10校、不明7校)の代表者が回答した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。