「隠蔽ではない」と市教委 千葉・柏 いじめ報告書

千葉県柏市教委が、校舎から転落し重体となった市立中学校の女子生徒がいじめを受けていたとする報告書をまとめながら、一切公表していなかったことが9月14日の市議会定例会で明らかになった。転落事故は2015年3月に起き、市教委の第三者委員会が学校側の責任に触れる報告書を16年3月にまとめていた。市教委は取材に対し「家族の要望やプライバシーの問題があった。隠蔽(いんぺい)ではないと考えている」と釈明している。

市教委によると、女子生徒は当時2年生だった。15年3月16日午後3時45分ごろ、校舎4階の廊下の窓から転落し、頭や背中を強く打ち、意識不明の重体になった。千葉県警柏署によると、女子生徒は所属する部活動の部員と学習室で話し合っていたところ、突然退室した。その後、駐車場で倒れているのを他の生徒が見つけた。

第三者委がまとめた報告書は、転落の直接の原因は「判断できなかった」としながらも、「いじめと認められる行為があった」と認定した。担任教諭が事前に生徒や保護者から相談を受けていたにもかかわらず、加害生徒に直接指導しなかったことを取り上げ、学年主任と生徒指導主任に対し「組織的な対応をせず、担任教諭を支援しなかった」と批判。校長に対し「教員からの口頭による報告のみをもとに、いじめの件数をゼロと認識していた」と追及し、学校の対応は「安全配慮義務に欠ける」と断じた。

14日の市議会一般質問で末永康文市議は「隠さずきちんと公開することで、いじめをしてはいけない、組織で対応しなければならないということを明らかにすべきだ」と市教委側をただした。河嶌貞教育長は「情報共有を第一に対応に当たっていきたい」と答弁した。