新しい学びの形とは N高、ゼロ高が意見交わす

9月16日開催の「未来の先生展2018」で、シンポジウム「新しい学校のスタンダードを考える」が開かれた。パネリストとしてN高等学校の上木原孝伸副校長、アミークス国際学園の安居長敏学園長、ゼロ高等学院の内藤賢司学院長が登壇。新時代の学校運営に携わる各人が、現在の教育現場に横たわる問題について、参加者とともに忌憚(きたん)のない意見を交わした。

シンポジウムは参加者を含めたトークセッション形式で進行。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。