安倍首相が連続3選果たす 自民総裁選、内閣改造へ

自民党総裁選の投開票が9月20日に実施され、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たした。得票数は安倍首相が553、石破元幹事長が254。圧勝により首相の続投が決まった。焦点は政権浮揚と党内融和を図る内閣改造、党役員人事に移る。

新総裁の任期は2021年9月までの3年間。国連総会出席に合わせた23日からの訪米、30日の沖縄県知事選の投開票を控えていることから、安倍首相は総裁選勝利後の記者会見で10月初めに内閣改造を実行する意向を明らかにした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。