学校教育の大黒柱の腐敗 髙橋局長の責任は重い

元コンサルタント会社役員の谷口浩司被告の黒いネットワークは一体どこまで文科省を侵食しているのか――。前科学技術・学術政策局長の佐野太被告、国際統括官の川端和明被告の逮捕・起訴という前代未聞の汚職事件は、別の幹部複数も谷口被告から高額な供応接待を受けていたことが省の内部調査によって明らかとなった。9月21日、谷口被告から接待を受けていたとして、戸谷一夫事務次官、髙橋道和初中局長、義本博司高等教育局長の3人が懲戒処分となり、戸谷事務次官と髙橋局長は引責辞職に追い込まれた。

髙橋局長は辞職直後、記者団に対し持論を展開した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。