「檄飛ばす」7割が勘違い 文化庁、国語の世論調査

「檄(げき)を飛ばす」を本来の意味ではない「元気のない者に刺激を与えて活気付ける」と理解している人が67.4%に上ることが、文化庁が9月25日に公表した2017年度「国語に関する世論調査」で明らかとなった。本来の意味である「自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求める」と回答した人は、わずか22.1%だった。

調査結果から「檄を飛ばす」の意味を「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」と答えた割合を年齢別に見ると▽16~19歳 60.2%▽20代 70.7%▽30代 74.8%▽40代 66.6%▽50代 70.3%▽60代 71.8%▽70歳以上 59.9%――で、特に20~30代、50~60代で高かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。