英語民間試験は義務付けず 東大、21年度入試で方針

大学入学共通テストにおける英語の民間資格・検定試験の活用について、東京大学は9月26日、五神真総長による声明を発表し、2021年度入試では民間試験の成績提出を義務付けない方針を明らかにした。一般入試の出願条件に、民間試験の成績の他、高校の調査書などの提出を認める。東大の方針は他の国立大学にも影響を及ぼす可能性がある。

東大入試監理委員会の基本方針によれば、21年度入試では、従来の出願要件に加え、①英語の民間試験の成績(CEFRのA2レベル以上)②CEFRのA2レベル以上に相当する英語力があると明記されている高校の調査書、証明書類など③①、②のどちらも提出できない事情を明記した理由書――のいずれかの提出を求める。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。