東大42位、京大65位 英誌の世界大学ランキング

英オックスフォード大のカフェ(同大HPより)

英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が9月26日発表した今年の「世界大学ランキング」によると、東大が42位(昨年46位)、京大が65位(同74位)だった。日本は103大学がランキングに名を連ね、ランクインした大学が世界で2番目に多い国となった。最多は米国の172大学。

同誌によると、教育と研究の環境、論文引用数、産業貢献度などの評価を基に、世界86カ国の1258大学を対象に順位を付けた。ベスト5は順にオックスフォード大(英国、昨年1位)、ケンブリッジ大(英国、同2位)、スタンフォード大(米国、同3位)、マサチューセッツ工科大(米国、同5位)、カリフォルニア工科大(米国、3位)で、米国のハーバード大は昨年と同じ6位だった。

アジアでは、中国の清華大とシンガポールのシンガポール国立大が気を吐き、それぞれ22位と23位に食い込んだ。

日本で上位4分の1に相当する300以内に入ったのは、東大と京大の他、251‐300位の大阪大、東北大、東工大だけだった。