高1自殺で母親が都を提訴 「高校が対策怠った」

東京都立高校1年の男子生徒(当時16)が自殺したのは、悩みを訴えていたにもかかわらず対策を怠った学校に原因があるとして、母親が10月1日までに、都に約9300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

訴状などによると、男子生徒は2015年9月、JR中央線大月駅(山梨県大月市)のホームから線路に飛び込み、特急電車にはねられて死亡した。男子生徒は学校のアンケートに「悩みがあるので相談したい」と回答していた。早退や保健室の利用を繰り返していた。

都教委は有識者らによる調査部会を設置し、男子生徒のツイッターやアンケート結果を調べ、他の生徒への聞き取りを実施した。その結果、水泳大会でクラスメートにからかわれていたなどとする母親の主張について、いずれも「いじめの事実は認定できない」と判断した。さらに自殺の原因解明は「調査部会の権限を越えている」として17年9月、「収集できた資料の範囲内で判断する限り、いじめがあったと判断するのは極めて困難」とする報告書を公表した。

遺族側は都に再調査を申し入れた。これを受け都の検証チームが報告書の内容を検討した結果、今年7月、新たな証人の聞き取りができていないなど調査は不十分だと結論付けた。

原告の母親は「裁判で息子の人権と名誉を回復したい」と話し、都側は「訴状を精査し、対応を検討する」とした。