ハンディ減らす工夫を急げ 障害者入試巡ってシンポ

障害のある児童生徒を支援するため入試やテストのIT活用を広げようと、東京大学PHEDが主催する「入試のIT配慮シンポジウム」が9月28日、都内で開かれた。PHEDは、文科省からの補助を受け2017年から東京大学が取り組んでいる3年間のプログラムで、障害のある学生を支援する連携プラットホームの形成事業に取り組んでいる。

慶應義塾大学の中野泰志教授は、現在のセンター試験や大学入試について▽B4判の拡大問題冊子は大き過ぎて読みにくく、障害者にとって不利になる場合がある▽学習支援でのIT活用は進んでいるのに、入試やテストでは浸透せず依然として紙が主流である――と問題提起した。……