本庶氏にノーベル賞 科学志す子供にエール

 スウェーデンのカロリンスカ研究所が10月1日発表したところによると、2018年のノーベル医学生理学賞の受賞者に京都大学特別教授の本庶佑さん(76)が決まった。新しいがん治療に道を開いたことが評価された。本庶さんは1日夜の受賞記者会見で、科学を志す子供たちに「不思議だなと思う心を大切にしてほしい」と熱いエールを送る一方、研究成果を社会に還元したいと常に考えてきたと明らかにした。

 京都大学の吉田キャンパスで午後7時20分すぎから始まった記者会見。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。