信頼回復に取り組むと強調 柴山新文科相が就任会見

第4次安倍改造内閣で初入閣した柴山昌彦文科相が10月2日夜、文科省に初登庁し、就任の記者会見をした。信頼回復に一刻も早く取り組み、幼児教育や高等教育の無償化、新学習指導要領の実施など、山積する課題に丁寧に対応していくと強調した。焦点となっている教員の働き方改革については「教職員の仕事の魅力と負担軽減をしっかりとアピールしていかなければならない」と述べた。

文科相は「世論調査などを見ると、最近は教育への国民の関心が高まっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。