全連小の研究協議会が開会 地震から1カ月、北海道で

全国連合小学校長会(全連小)の第70回研究協議会北海道大会が10月4日、函館市内で開会した。全国から校長約2500人が参加。北海道胆振東部地震の発生からわずか約1カ月での開催となったが、主管の北海道小学校長会の尽力もあり、初日は滞りなく行われた。

開会式で種村明頼会長は「われわれ校長は未来を見据え、学校や地域の状況を踏まえながら、よりよい教育の実現に向け地域と連携・協働し、全教職員をまとめ、教育活動を推進していかねばならない」とあいさつした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。