文科副大臣に浮島氏 永岡氏との女性同時起用

教育担当の浮島智子文科副大臣(左)と永岡桂子副大臣

政府は10月4日の臨時閣議で、内閣改造に伴う副大臣と大臣政務官の人事を決めた。文科副大臣に永岡桂子(科学技術・学術、文化担当)=自民=、浮島智子(教育、スポーツ)=公明=の両氏を起用した。女性2人の文科副大臣同時就任は初めて。政務官には中村裕之(教育、文化)=自民=、白須賀貴樹(科学技術・学術、スポーツ)=同=の両氏が就いた。

省内で開かれた4日の就任会見で、教育担当の浮島副大臣は「子供たち一人一人に光を当て、誰一人残さない、そして一人一人の個性をいかに引き伸ばしていくかに着目した、しっかりとした教育行政を作っていきたい」と抱負を述べた。PTA活動に長年関わってきた教育担当の中村政務官は「子供たちは自分が生まれる環境、育つ環境を選ぶことはできない。その環境を作るのが文科省の重要な責任だ」と強調した。

浮島副大臣は教育分野の課題にSociety5.0に対応した教育と教員の労働環境の改善を挙げ、「教職員はまだまだ大変な環境にいる。しっかりと子供たちに向き合える体制を整えたい」と話した。中村政務官は「幼児教育の無償化」や「高等教育の無償化」を課題に挙げ、「施策を着実に推進していきたい」と語った。

汚職事件をはじめとする文科省の一連の不祥事に対し、筆頭副大臣の永岡副大臣は「省内部は大変厳しい状況にあり、再編の段階。現在表面化している事案もさらに深掘りして、しっかりと調査していきたい」と述べた。

浮島副大臣は内閣府副大臣を、白須賀政務官は内閣府大臣政務官と復興大臣政務官を兼任する。

【文科副大臣】
永岡 桂子氏(ながおか・けいこ)学習院大卒。厚生労働副大臣、農林水産大臣政務官。64歳。茨城7区、衆院当選5回(自民党)
浮島 智子氏(うきしま・ともこ)東京立正高校卒。環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官、文部科学大臣政務官。55歳 比例、衆院当選3回、参院当選1回(公明党)
【文科大臣政務官】
中村 裕之氏(なかむら・ひろゆき)北海学園大卒。衆院安全保障委員会理事。57歳。北海道4区、衆院当選3回(自民党)
白須賀 貴樹氏(しらすか・たかき)東京歯科大卒。党厚生労働部会長代理。43歳。千葉13区、衆院当選3回(自民党)