文科副大臣に浮島氏 永岡氏との女性同時起用

政府は10月4日の臨時閣議で、内閣改造に伴う副大臣と大臣政務官の人事を決めた。文科副大臣に永岡桂子(科学技術・学術、文化担当)=自民=、浮島智子(教育、スポーツ)=公明=の両氏を起用した。女性2人の文科副大臣同時就任は初めて。政務官には中村裕之(教育、文化)=自民=、白須賀貴樹(科学技術・学術、文化)=同=の両氏が就いた。

省内で開かれた4日の就任会見で、教育担当の浮島副大臣は「子供たち一人一人に光を当て、誰一人残さない、そして一人一人の個性をいかに引き伸ばしていくかに着目した、しっかりとした教育行政を作っていきたい」と抱負を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。