「小学校教育の推進に全力を傾注」 全連小が大会宣言

北海道函館市内で開かれていた全連小(種村明頼会長)の第70回研究協議会北海道大会は2日目の10月5日、全体会で大会宣言を採択し、閉幕した。

大会宣言では「小学校教育においては、学校と地域が両輪となり、教育課程を介して、多様な他者と協働できる共生の意識や、ふるさとをはじめとするこれからの世界を担う、未来の創り手としての素地を育成することが重要である」として、「小学校教育の推進に全力を傾注し、国民の信託に応える」と表明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。