「早期に結論」と文科相 経団連の就活ルール廃止で

経団連の中西宏明会長が企業の採用活動日程などを定めた指針を2021年3月に卒業予定の学生から廃止する意向を表明したことを受け、柴山昌彦文科相は10月10日の閣議後の記者会見で「学生の不安を解消する観点から、できるだけ早期に結論を出したい」と政府主導による新ルール策定に意欲を示した。

政府は15日に関係省庁連絡会議を開催し、就職・採用活動の日程やルールについて検討する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。