SDGs教材で授業 ユニセフ事務局長も参加

中学生に語りかけるヘンリエッタ事務局長

国連の持続可能な開発目標(SDGs)への理解を深めるため、日本ユニセフ協会と外務省が作成した学校向け教材「私たちがつくる持続可能な世界」を使った授業が10月9日、東京都板橋区立赤塚第二中学校(荒井秀樹校長、生徒数519人)で実施された。来日したユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長が授業に参加し、SDGsについて考え行動する重要性を生徒らに語った。

授業は3年生の社会科(公民分野)で実施された。生徒はまず、前時で同教材を基に学習した不平等や暴力・差別の根絶、環境問題など17あるSDGsの目標に関連する項目を振り返った。さらに各目標のうち、どれを優先して取り組むべきか、自分の考えをワークシートに整理した。その後、グループで意見を互いに出し合い、議論した内容を基に自分自身が解決したい目標や課題、解決策を文章にまとめた。

生徒は「国家だけでなくボランティアなど、世界の人々が協力して問題を解決していくことが大切だと思った」「日本独自の技術を生かして、世界の問題解決に手を差し伸べるべきだ」といった意見を発表した。授業の後も各自で関心をさらに詳しく調べて掘り下げ、リポートを作成する。

ヘンリエッタ事務局長は「世界中の若者の夢や希望を聞くと、世界や未来をより良くしたいという声が上がってくる。ユニセフでは、2030年までに全ての若者、子供たちが学校教育を受けたり、専門的訓練を受けたり、年齢にふさわしい仕事に就けたりしてほしいと考えている。その未来は皆さん全員と一緒につくっていくものだと思っている」と語り掛けた。

SDGsの目標達成に向けた課題を話し合う生徒

授業を実施し、同教材の作成にも関わった中野英水教諭は「中学校社会科の歴史、地理、公民の各分野における学びの集大成として、SDGsについて考える教材になっている。子供たちが実感を伴って行動につなげられるようにすることを意識して制作した」と話した。

同教材は10月中旬以降、全国の中学3年生に向けて配布される。日本ユニセフ協会のポータルサイトに詳細な関連資料を公開している。教師用の指導手引きを今後作成する予定。


【SDGs】ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示された2030年までの国際目標のこと。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットが設定され、発展途上国だけでなく先進国も取り組む普遍的な課題が掲げられている。

【訂正】見出しを「SDGs教材で授業 ユニセフ事務局長も参加」に、第1段落の「日本ユニセフ協会が作成した」を「日本ユニセフ協会と外務省が作成した」にそれぞれ訂正しました。