本庶氏がノーベル賞の報告 文科相に研究費充実訴え

今年のノーベル医学・生理学賞に決まった京都大学特別教授の本庶佑氏が10月11日、文科省を訪れ、柴山昌彦文科相に受賞を報告した。本庶氏が生命科学分野の研究費の充実を訴えると、文科相は同意し、支援を約束した。

本庶氏は自身が座右の銘とする「有志竟成(ゆうしきょうせい)」と書いた色紙を文科相に贈り、「生命科学は一般の人には分かりにくい分野だが、そこからとんでもない成果が出る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。