「新しい教育に取り組む」 柴山文科相が意欲

柴山昌彦文科相は10月11日、文科省で報道各社との初の合同インタビューに応じ、Society5.0に対応する新しい教育に取り組んでいく意欲を明らかにした。

教育新聞が教育に対する基本的な考え方についてただしたところ、文科相は「私は文部科学大臣になる前から資源のない日本における教育の持つ役割の大きさを鑑みて、その強化を訴えてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。