複数大学で不正入試か 文科省の医学部調査で判明

柴山昌彦文科相は10月12日の閣議後の記者会見で、文科省が進めている大学医学部医学科入試の調査の過程で、複数の大学で女性受験生に対する差別的な取り扱いをしていると疑われる事例があったことを明らかにした。文科相は医学部を持つ全ての大学で訪問調査を実施するよう省内に指示し、10月中に中間報告を公表する意向を示した。

文科省はこれまでの調査で女性の合格率が男性と比べて低かった大学など約30校に対し、追加の訪問調査をした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。