昭和大学医学部で不正入試 学長が緊急記者会見で謝罪

昭和大学(東京都品川区旗の台)の小出良平学長は10月15日に緊急記者会見を開き、医学部で不正入試があったことを明らかにし、受験生ら関係者に謝罪した。2次試験で評価の対象となる高校の調査書について現役と1浪の受験生に加点したり、一般入試の補欠者のうち大学同窓子女を優先的に合格させたりしていた。大学側は加点や大学同窓子女の優先合格を受験生には一切説明していなかった。

医学部医学科の入試を巡っては、7月に発覚した文科省汚職事件をきっかけに東京医科大学で女子や浪人回数の多い男子を不当に扱う不正入試が表面化。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。