学校の安全対策に1081億円 補正予算案を閣議決定

政府は10月15日の臨時閣議で、2018年度の第1次補正予算案を閣議決定した。西日本豪雨、台風21号、大阪北部地震、北海道地震における被害の復旧・復興に7275億円、学校の緊急重点安全確保対策に1081億円を盛り込んだ。24日召集の臨時国会に提出する。

財務省によると、学校の緊急重点安全確保対策の内訳は、熱中症対策のエアコン設置に822億円、倒壊の危険性のあるブロック塀対応に259億円となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。