優勝は渋渋と浦高のペア アプリ甲子園の決勝大会

「アプリ甲子園2018」の決勝大会出場者ら(D2C提供)

中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2018」の決勝大会が10月14日、都内であり、開発部門で浅野啓さん(渋谷教育学園渋谷高校1年)と田村来季さん(埼玉県立浦和高校2年)が共同開発したゲームアプリ「PERVERSE(パーバース)」が優勝に輝いた。上下左右反対方向に動く二つのキューブを同時にゴールに到達させるパズルゲームで、プロ顔負けの作品に審査員からは驚きの声が上がった。

次世代を担う若手クリエーターの発掘と育成支援を目的として毎年開催される「アプリ甲子園」は今年で8回目。決勝大会には1次選考、2次選考を経て勝ち残った開発部門10組の小中高生が一堂に会し、公開プレゼンテーションをした。審査委員長を務めたライゾマティクスの齋藤精一氏ほか6人の審査員はアプリの企画力を審査した後、端末上で実際に操作したり、ソースコードを確認したりしながら実装力を採点。優勝・総務大臣賞に決まった浅野さん、田村さんのアプリは企画力に加え、オンラインで世界中の人と対戦できるなど、ゲームとしての完成度や技術力が総合的に高評価された。

準優勝には中馬慎之祐さん(カナディアンインターナショナルスクール・シンガポールレイクサイドキャンパス中学3年)の動画へのデコレーションが楽しめるARカメラアプリ「AsnapR(アスナップル)」、第3位には谷津俊輔さん、愛野茜太さん、井上大斗さん、木村優斗さん、鋪野和莉さん(千葉県立一宮商業高校2年)による、言葉によってキャラクターが変化していくアプリ「TIERN(ティーン)」が決まった。

今年から新設された「アイディア部門」では、森川彩音さんによる先生と生徒の写真を共有するアプリ「取捨選択」が最優秀アイディア賞に選ばれた。