教育への技術の影響検討 再生実行会議WGの会合

政府の教育再生実行会議は、技術の進展に応じた教育の革新を検討するワーキンググループ(WG)の第3回会合を10月15日、文科省で開いた。柴山昌彦文科相兼教育再生担当大臣は「Society5.0や人生100年時代を迎える中、人材育成は日本の最重要課題の一つ」と強調。「ワーキンググループでは、技術革新が教育に与えるインパクトを明らかにし、新時代の学びの在り方やAI時代を生きる力などを検討していただいている。どれも重要で、今後も熱心な議論をお願いしたい」と述べた。

埼玉県教委の小松弥生教育長は、県学力・学習状況調査におけるエビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング(EBPM)と教育とテクノロジーの融合(EdTech)の活用事例を取り上げた。……