元参事官を減給の懲戒処分 文科省汚職で大臣給与返上

柴山昌彦文科相は10月19日の閣議後の定例記者会見で、文科省の汚職事件に絡み利害関係者から少なくとも2万円の接待を受けたとして、元スポーツ庁参事官の由良英雄・内閣府審議官=経済産業省から出向中=を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は18日付。

文科相は「行政の公正さが失われ極めて遺憾。心よりおわびする。大臣として責任を取るべきだ。率先して襟を正す姿勢を見せたい」と述べ、11~12月の大臣給与2カ月分と期末手当を自主返納する考えを明らかにした。

鈴木大地スポーツ庁長官の監督責任を問い、厳重注意するとともに、贈賄側から7000~8000円の接待を受けたとして、文科省課長補佐級職員1人を厳重注意処分にした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。