部活動手当3時間2700円に 宮城県議会で可決

宮城県議会は10月18日の本会議で、公立学校の教職員が土日の部活動指導をした際に支給される部活動手当の基準を「3時間程度2700円」に変更する「職員の特殊勤務手当に関する条例」の改正案を賛成多数で可決した。11月1日から施行されるが、年度内は経過措置で従来の「4時間程度3600円」も残し、来年度から一本化する。仙台市は見直しをしない方針。

県教委が今年3月に策定した部活動ガイドラインで、スポーツ庁の方針に従い、土日の部活動の活動時間を3時間程度と定めたのに合わせ、手当の支給基準見直しにより支給対象を広げる狙いがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。