医学部不正入試で中間報告 文科省、圏外から合格も

文科省は10月23日、大学医学部の不正入試に関する調査の中間報告をまとめ、女子や浪人生を不利に扱うなど、複数の大学で不適切な入試が実施された疑いのある事例を公表した。特定の受験生を合格圏外から合格させるケースがあった。

個別の大学名や大学数については「調査継続中」を理由に明らかにせず、柴山昌彦文科相は23日の閣議後の記者会見で「全国の受験生が安心して入試を受けられることが一番大切。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。