半数の学校で「がん教育」文科省が初めて調査

全国の半数以上の小・中・高校でがんやがん患者への理解を深めるための「がん教育」が実施されていることが10月23日、文科省が公表した2017年度「がん教育実施状況調査」の結果で明らかとなった。16年12月に改正された「がん対策基本法」でがん教育に関する条文が新たに盛り込まれたことから、同省が初めて調査した。

調査は全国の国公私立学校3万7401校(小学校2万95校、中学校1万325校、義務教育学校48校、高校4907校、中等教育学校53校、特別支援学校1135校)を対象に、17年度のがん教育の実施状況を把握した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。