女子55人が合格ライン 不正の東京医科大学入試

東京医科大学は10月23日、得点操作による不正入試を調査してきた第三者委員会の第1次調査報告書を公表した。第三者委が素点に基づいて成績を復元したところ、2017~18年度の一般・センター入試で合計55人の女子受験生が合格ラインに達していた。

報告書によれば、一般・センター入試の2次試験の小論文試験の点数について、受験生の性別や浪人の年数に応じて、一部の受験生にだけ点数を加点させたり、臼井正彦前理事長=贈賄罪で起訴=や鈴木衞前学長=同=が学務課職員に指示して、特定の受験生の試験成績の素点を書き換えさせたりして、成績順位を高めていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。