全日中研究協議会が開幕 鳥取・米子、AI超える力を

全日本中学校長会(全日中)の第69回研究協議会鳥取(米子)大会が10月25日、鳥取県米子市内で開幕した。26日まで。「社会を生き抜く力を身に付け、未来を切り拓く日本人を育てる中学校教育」が研究主題で、開会式には全国から校長約2200人が参加した。

山本聖志会長は開会式のあいさつで、70年以上にわたる中学校教育の歴史を振り返った上で、「今ある職業の大半がAIに取って代わられる未来に向け、学校教育の役割はますます重要になっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。