17年度のいじめ41万件超 文科省調べ、9万件の増加

小・中・高校、特別支援学校で2017年度に認知したいじめの数が前年度より9万1235件増加し、41万4378件に上ったことが10月25日、文科省が公表した17年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」で分かった。特に小学校で認知したいじめの数は前年度比7万9865件増の31万7121件に達し、06年度以降、過去最多を更新した。

文科省はいじめの認知増加について「けんかやふざけ合いなど初期段階のものでも調査・認知することが浸透しつつあるため」と説明している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。