教育改革推進を宣言、閉幕 全日中の研究協議会

鳥取県米子市内で開かれていた全日本中学校長会(山本聖志会長)の第69回研究協議会鳥取(米子)大会は2日目の10月26日、全体会で大会宣言を採択するとともに、教育条件の整備・充実を期する決議をし、閉幕した。

大会宣言は「『社会を生き抜く力を身に付け、未来を切り拓く日本人を育てる中学校教育』を目指し、国民の信託に応えなければならない」として、「学校からの教育改革の推進と当面する諸課題の解決に努め、新たな中学校教育を創造していく決意である」としている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。