月平均残業時間を30%削減 山口県教委、19年度実現へ

山口県教育委員会は10月26日、2018~22年度までの5カ年にわたる県教育振興基本計画を公表した。「未来を拓く たくましい『やまぐちっ子』の育成」を教育目標に掲げ、29の施策で51の推進指標を設定した。学校の働き方改革では、19年度までに教員1人当たりの1カ月の平均時間外業務時間を30%削減する目標を掲げた。

県教委の調べによると、16年度における管理職を除く教員の1カ月当たりの平均時間外業務時間は小学校で40.8時間、中学校で56.7時間、県立学校で43.6時間に上り、中学校、県立学校の各教員の1割弱で過労死ラインを越える1カ月当たり100時間以上の時間外業務をしていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。