小さい日本の読解力格差 ユニセフ、41カ国順位付け 

ユニセフ(国連児童基金)のイノチェンティ研究所は10月30日、「レポートカード15 不公平なスタート―先進国における子供たちの教育格差―」を公表した。EU(欧州連合)やOECD(経済協力開発機構)に加盟する41カ国の就学前、小学校、中学校の時点における教育格差を順位付けした。日本の15歳の読解力格差は38カ国中、格差の小さい方から8番目だった。

報告書は、OECDが実施している2015年のPISA(生徒の学習到達度調査)や国際教育到達度評価学会(IEA)が実施している小学校段階の読解力を調査した16年のPIRLSの結果などを基に、小学校入学前の1年間に就学前教育を受けていた子供の割合と小学校4年生段階(10歳前後)、中学校3年生段階(15歳)の読解力に関するテスト結果から、最低と最高の差を比較した。……