創生実行本部を設置 汚職の文科省、信頼回復へ

汚職事件と不祥事の続発を受け、柴山昌彦文科相は10月30日の閣議後記者会見で、省の信頼回復を目的とした「文科省創生実行本部」の設置を発表した。具体的な再発防止策を年度内にまとめる。本部長は文科相が務め、メンバーは省幹部の他、弁護士や公認会計士、大学教授ら有識者から成る。11月中に初会合を開く。

創生実行本部は▽文科省のミッション、ビジョン、政策▽組織文化、組織体制▽人事政策上の対応、行政官としての在り方▽働き方改革、業務改善▽再発防止策――を検討する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。