文化部ガイドライン案提示 週休2日など上限設定

文化庁は11月1日、中学校や高校の文化部活動の時間、休養日の目安を示す「文化部ガイドライン」の素案をまとめ、同庁のガイドライン作成検討会議(第3回会合)に提示した。活動時間は平日2時間程度、土日は3時間程度とし、週2日以上の休養日を設けた。3月にスポーツ庁が策定した「運動部ガイドライン」を踏まえており、一部の文化部でもみられる長時間の活動による生徒や教員の負担を軽減する狙いがある。ガイドラインは年内にも正式決定する。

「文化部ガイドライン」の対象は、吹奏楽や美術に加え、科学、ボランティアなど「運動部以外の全ての部活動」と幅広く設定した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。