未来の教室が中間報告会 麹町中・工藤校長が報告

EdTechを活用した新たな教育プログラムの開発を推し進める「『未来の教室』実証事業」は11月5日、都内で中間報告会を開いた。実証事業に取り組む千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長や民間事業者らが、成果と課題を報告した。

経産省の浅野大介商務・サービスグループ教育産業室長は「現在50件以上の実証事業を検証している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。