不正入試101人が追加合格 得点操作の東京医科大

得点操作による不正入試が発覚した東京医科大学は11月7日、都内で記者会見を開き、2017・18両年度の入試で本来合格圏内に達していた受験生101人を追加合格とし、19年度入学者として受け入れる方針を明らかにした。

大学の不正入試に伴う合否の再判定で、大量の追加合格者が出るのは極めて異例。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。