運動に親しむ権利の保障を ユニセフが行動指針公表へ

ユニセフ(国連児童基金)がスポーツを適度に親しむ子供の権利を保障する行動指針「子どもの権利とスポーツの原則」(Children’s Rights in Sport Principles)をまとめたことが、関係者の話で分かった。11月20日の「世界子どもの日」に公表する。ユニセフがスポーツの問題に焦点を当てた指針を作成するのは初めて。

指針は日本ユニセフ協会と有志の弁護士らが中心となり起草した。2020年東京五輪・パラリンピックが開催されるのを機にスポーツへの関心が国内で高まっていることから、スポーツ団体、指導者、企業、学校、家庭などの関係者・組織の理解と自主的な行動を促すのが目的。スポーツと子供の権利に関する重要な理念や価値を10の原則で示し、暴力的な指導や過度なトレーニングがもたらす子供への負の影響に警鐘を鳴らす。

関係者によると、▽日本スポーツ協会▽日本障がい者スポーツ協会▽日本パラリンピック委員会▽日本オリンピック委員会▽日本スポーツ振興センター▽全国高等学校体育連盟▽日本中学校体育連盟▽全国高等学校長協会▽全日本中学校長会▽全国連合小学校長会▽経団連▽アシックス――の各団体・企業が10月末時点で指針に賛同しているという。

あなたへのお薦め

 
特集