運動に親しむ権利の保障を ユニセフが行動指針公表へ

ユニセフ(国連児童基金)がスポーツを適度に親しむ子供の権利を保障する行動指針「子どもの権利とスポーツの原則」(Children’s Rights in Sport Principles)をまとめたことが、関係者の話で分かった。11月20日の「世界子どもの日」に公表する。ユニセフがスポーツの問題に焦点を当てた指針を作成するのは初めて。

指針は日本ユニセフ協会と有志の弁護士らが中心となり起草した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。