eラーニングの未来探ろう 都内でフォーラム、3日間

「日本e-Learning大賞」について講評する福原美三・審査委員長=11月14日、東京都千代田区、小松亜由子撮影

「eラーニングアワード2018フォーラム」が11月14日、都内で始まった。16日まで。主催はe-Learning Initiative Japanとフジサンケイビジネスアイ。「eラーニングを取り巻く現状と未来」をテーマに、豊富な事例の紹介、発表、議論を繰り広げる。

初日の14日は、eラーニングに関する革新的な技術やコンテンツを活用した団体に賞が授与され、最優秀賞の「日本e-Learning大賞」にはソニー・グローバルエデュケーションのロボット・プログラミング学習キットの法人向けサービス「KOOV for Enterprise」が輝いた。小・中学校や総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」で活用されていて、受賞について担当者は「21世紀型スキルを有するSTEAM(科学、技術、工学、芸術、数学の総称)人材の育成にこれからも貢献していきたい」とコメントした。

この他、オンラインで双方向授業やデジタル教材を提供するドワンゴのN予備校が文科大臣賞を、ICTを活用して社会人の世界を疑似体験させる新入社員研修プログラムを独自に開発した産業能率大学総合研究所が総務大臣賞を受賞した。

森本康彦教授による特別講演=同

審査委員長で明治大学学長特任補佐を務める日本オープンオンライン教育推進協議会の福原美三常務理事・事務局長は「昨年までと比べ、『新しいものを作った』というだけではなく、学校現場で実証を重ね、先生方の意見を反映させて改良する事例が増えた」と講評。「今後も成果と課題をしっかり分析し、教育の質の向上に尽力してほしい」と述べた。

「eポートフォリオ最前線」と題する特別講演では、東京学芸大学情報処理センターの森本康彦教授が、eポートフォリオの基本的な捉え方や活用方法を分かりやすく説明。これからの大学入試やアクティブ・ラーニングの学習評価、AIによる学習の最適化にはeポートフォリオが欠かせないと指摘した上で、「eポートフォリオをためることを目的にしてはならない」「学習記録は、自分ができるようになったことやできないことを知り、何のために学ぶのかを振り返る、いわば学びそのものです。日報でも反省文でもない」と強調した。