臨時国会の法案提出目指す 学校教育のICT化推進

超党派による「教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟」(会長・遠藤利明自民党衆院議員)は11月14日、2018年度第2回総会を開いた。議連がとりまとめた「学校教育の情報化の推進に関する法律案」について、臨時国会への提出を目指すことで一致した。

法案は、全ての児童生徒がICTによる学校教育を受けることができるよう、国の責務や財政上の措置、学校教育情報化推進計画の策定、基本的施策などを定めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。