運動の価値、科学的分析を 学術会議に審議を依頼

スポーツ庁は11月15日、科学的エビデンスに基づく「スポーツの価値」の普及の在り方について、審議を日本学術会議に依頼した。スポーツが学習や認知にもたらす影響や部活動における指導者のパワーハラスメントや過度な練習が起こるメカニズムを科学的に分析・整理し、2020年の東京五輪・パラリンピック後の日本のスポーツ政策に生かす狙いがある。

スポーツ庁によると、日常生活の中で自然にスポーツに親しむことが個人の心身の健康や体力の増進、学習・認知能力、対人関係力の伸長にどのように貢献し、医療費の抑制や経済効果などの社会的な便益をもたらすかについて、最新の科学的知見を整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。