いじめ防止法改正に意見書 大津事件の遺族が議連に

2011年に大津市の当時中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺した「大津いじめ中2自殺事件」の遺族と越直美大津市長は11月19日、いじめ防止対策推進法の改正に対する意見書を馳浩衆院議員(自民党)に提出した。越市長らは同日に開かれた同法改正案を検討している超党派の議員連盟の勉強会にも出席した。

馳議員は自民党教育再生実行本部長に就いている他、議連の座長を務めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。